黄 龍

四川省/ /大足楽山大佛峨眉山白馬村九寨溝黄龍/ 臥龍パンダ都江堰成都

右下の黄龍地図はイメージマップになっており、 をクリックすると2002.9.17 の写真が見られます
 
黄龍:  黄龍は省都の成都の北約400km地点、四川省阿土覇チベット族チャン族自治州にあります。 中国国内の成都からの観光ツアーは九寨溝観光とペアーになっていて、そのうち黄龍の観光は 約半日の行程になります。その場合、川主寺側からは標高4000mの峠を越えて黄龍に入ります。
 黄龍詳細地図    四川省詳細地図    四川省のページ
 
観光:  黄龍観光は標高3080mの入口麓から3858mの転花池 まで、片道3.8kmの道程を歩くか、駕籠に乗って 登ることになります。登りと下りは一方通行で混雑を避けています。登りに見所がありますが、 駕籠に乗ると、下り道を登っていくことになりますので、止む無く登り道を降りてくることに なります。普通の人なら登り2時間半強、下り1時間半弱ぐらいで観光しながら往復出来ます。
 日本の富士山の七合目から頂上辺りを片道3.8km登り下りする感覚ですので酸素が薄く、軽い 高山病(頭が痛くなる)になったりしますので、高所に慣れていない人や普段歩き慣れないない人に とっては、ちょっときつい道程です。
 しかし、自分の体調に注意して、きついとなったら駕籠に乗るなり、 引き返す覚悟でのぞめば問題は無いでしょう。事実、ご高齢の方でも参加されているようです。 ほとんどの観光客が簡単な酸素ボンベを準備して登ります。 また高度差もありますから気温差にも配慮が必要です。ただくれぐれも無理は厳禁です。 なお、気温は九寨溝とほぼ同程度です。
 
参考サイト:
 中国観光局(和文)      中国国際旅行社(含英文)
 ◇人間瑶池-黄龍 :      黄龍の美しい写真があります
 ◇鈴木さんの旅行記 :     旅行計画の参考になります
 ◇九寨溝・黄龍へ個人旅行! : gatangotonさんの旅行記