Static Map の表示タグを生成する-2

 Google Static Maps は、こちらの方法で必要な img タグを記述すれば記述出来ますが、ここではさらに簡単に作成する方法を述べます。手順は次のようになります。
  【作成手順】
  1. Google Maps JavaScript でマークや中心位置などを調整して目的の地図を書きます
  2. その地図の外形サイズなどの調整を行って、「入力」をクリックして設定します
  3. すると、その条件で目的の地図が作成されます
  4. それと同時に対応する img タグが作成されますので、必要な html ページに張り付けると、そのページに画像として表示されます

1 地図描画

Step1 マークや縮尺、中心位置を設定
   
マーク点の住所等を上に入力し、右下の+-等で地図を拡大縮小、ドラッグして表示位置を調整します

2 表示調整

Step2 Static Map の表示調整
作成する地図の大きさや表現を調整します。「入力」クリックで設定
地図 横幅: 縦幅: 形式:
マーカ 色: サイズ: 文字:
表示領域を自動調整 タイプ:   

3 作成図表示

Step3 Static Map を表示

4 生成タグ

Step4 Static Map タグ を生成
以下に生成した img タグを、表示したいページに貼り付けます。