HPファイルのアップロード


   ここでは、PC上のホームページ原稿の公開手順を紹介します (ホームページビルダーの例を中心に)   こちらのサイトもご参考に

    注 ファイル転送ソフトに、FFFTP をお使いの場合は、 こちらや、 こちらこちらのサイトが参考になるでしょう。
 
 【転送する前に】 ファイルを Webサーバに転送する前に、下記事項をもう一度確認しておきましょう

   ●ファイル名は原則として、半角英数字以外は使えません。また大文字と小文字別文字として区別されます。 注意しましょう。
   ●プロバイダ等の注意書をよく読んで、転送先フォルダなど、使うサーバの使用条件をよく把握しておきましょう
   ●大きなファイルは、サーバの容量を圧迫し、見る人にとっても不便です。100kB以上のファイルは避けるようにしましょう  
 
 【アップロードの必要性と方法】
 PC上に作成したホームページの原稿ファイルを、Webサーバーにアップロードすることで 公開 することが出来、このサーバーにアクセスすることで閲覧者はページを見ることが出来ます。↓

ファイル転送

◆個人の場合、上のWebサーバーは、 無料のページスペースを 借りることも出来ますが、プロバイダの提供するスペース (通常無料)を使うのが一般的で便利です。
 参考サイト: 基礎知識  HPの仕組み
   PC上に作成した原稿ファイルは、FTP ソフトを使ってサーバーに転送(アップロード)します。 転送すると、サーバー上にはPC上のファイルのコピーが作られることになります。↓

ファイル転送
 


 【 FTP ソフトを使ってホームページのファイルをアップロードする】
   *サーバーによっては簡易な転送方法を用意いているところがあります。 BIGLOBE  Infoseek  GeoCities
 1) FTP ソフトを起動します。

  ホームページビルダーの場合、作成したホームページのファイルを、PCから公開するWebサーバーに転送するには、「ツール(T)」より 「FTPツールの起動(F)」をクリックします
 
 
 2) 転送先の設定がしてない場合は、転送先の設定が必要です

  まず、「ファイル転送」のウインドで「設定」をクリックし、「サーバープロファイル設定」のウィンドを表示します
 
 
3) 「サーバープロファイル設定」ウインドで転送先設定
 
  「サーバープロファイル名」欄に、適当な名前を入力
  ※「プロファイルの管理」の欄に、名前が登録されます
「FTPサーバー名」欄に、転送先サーバ名を入力
「FTPアカウント名」欄に、指定アカウント名(ID)を入力
  ※FTPのアカウント名(ID)です
   プロバイダのログインIDとは異なります

「FTPパスワード」欄に、FTPのパスワード」を入力
  ※FTPのパスワードです
   プロバイダ登録のパスワードとは異なります

入力が済んだら、「OK」ボタンをクリックします

  *「サーバープロファイル名」を変えて登録すると、
複数のサイトを設定出来ます。  
 
 4) Webサーバーに接続し、ファイルを転送します

 複数の転送先設定がされている場合は、目的の「サーバープロファイル名」(a)を選んで、「ファイル転送」 のウインドで「接続」をクリックすると、サーバーに接続出来ます。

 接続されると、左にPCのフォルダ、右に転送先サーバーのフォルダが表示されます→
 
 
5) ファイル転送手順  
  (1) 転送するファイルをクリックし、 (2) 転送モードを「自動」にし、  (3) 転送矢印をクリックすると、 (4) ファイルが転送され、転送済みファイルが右枠に表示されます
(5) 転送が済んだら「切断」をクリックした後、 (6) ファイル転送ソフトを閉じます
  *トップのフォルダには、普通トップページとなる index.html 又は index.htm を置きます。

(7) サーバーのファイルをダウンロードする時は、ダウンロード矢印をクリックします  (8) CGIファイル等は、ファイルを右クリックして「アクセス権」を設定します  (9) ファイルの削除は、そのファイルを右クリックし、[ファイルの削除] で削除します。  
 
6) 転送(アップロード)時のポイント1  
  (1) 「転送(アップロード)」とは、PC上に作ったページファイルのコピーをWebサーバ上に作ることです
 FTPソフトでは、画面左にPC上のファイルが(A)、右にサーバ上のファイルが(B)、表示されます。
(2) 転送済みファイルは右にも表示され(C)、未転送のファイルは左にだけ表示されます(D)
(3) 通常は「オートモード」で転送します(E)
 「バイナリモード」は画像等のみを送る時、「テキストモード」はHTMLファイル等のみを送る時に使います

  注意 ファイル名、フォルダ名は必ず半角英数字で、また大文字・小文字も区別して使いましょう  
 
7) 転送(アップロード)時のポイント2  
  (1) ブロードバンドルーターやファイアーウォールなどを設置している際には、パッシブモードをオンにする必要がある場合があります
 接続がうまくいかない場合、接続後もファイルの一覧が表示されないなどの場合も、「ファイル転送設定」でパッシブモードをオンにして接続してみてください。  

TopページHP作りTopHPの仕組/ net回線/ HP準備/ HPを作る/ ファイル転送/ 基本的HP/ 基本タグ/ 作成フローHTMLの初歩